福岡の女性行政書士・素早い対応であなたの力になります!

ぶつかってないけれど、交通事故。

何かと忙しく更新を怠っているなあと思っているうちに、もう師走。フェイスブックでは「この一年を振り返ってみましょう」と投稿から動画を作成してくれてます。

そんな中知り合いの人が交通事故に!と話を聴いてきました。ご本人は高齢の女性の方で足の複雑骨折で入院されているので、友人からの聴き取りのみですが、なかなか大変な案件です。また少し認知症もあるということなので、女性の訴えが真実とみられるかどうかも心配です。

高齢の女性をAさんとします。Aさんは駐車場から徒歩で出ようとしていたところへ車が来て、びっくりして転倒。足の複雑骨折を負ったということでした。車が来なければ転倒することもなかったので、車と転倒の間には因果関係があります。目撃者もいるでしょうし、警察も呼んでるというので、事故証明書もあります。

もしこの加害者が自賠責保険しか入っておらず、治療費が120万円を超えた場合、その超過した治療費はどうなるんだと気になります。自賠責保険では上限120万円の治療費しか出ません。Aさんと同居している親族が車の任意保険の人身傷害保険に加入していた場合は、「同居の親族」という被保険者にAさんはあたり、ここから治療費を払ってもらうことができます。

Aさんが高齢、また認知症も少しあるということで、紛争に発展するかもしれません。仲の良い弁護士に相談しながら、この案件は受けなければならないようです。

One Response to ぶつかってないけれど、交通事故。

  1. 弁護士 より:

    あなたの行為は非弁行為の疑いが強いです。

コメントを残す

CAPTCHA